モリンガ茶に含まれる食物繊維とカリウム

モリンガ茶には食物繊維とカリウムがたっぷり

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

食物繊維

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あるのですが、それぞれ身体に対する働きは違っています。
ちなみに、食物繊維は5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)に続く6番目の栄養素と言われています。
水溶性食物繊維は、主に海藻やきのこ類、イモ類、納豆、オクラといったネバネバ系の食材に多く含まれています。
水溶性食物繊維は、食材のイメージの通り粘性と保湿性が高く体内に吸収されにくい性質を持っています。
水分を含むとゲル状に変化し、腸内を移動しながら有害物質を吸着、体外へ排出してくれる働きをします。
大腸内に運ばれると乳酸菌などによって分解され、発酵して酢酸や酪酸を作り、腸内を酸性に導きます。
腸内が酸性になると、アルカリ性を好む悪玉菌は繁殖が抑制されるので、結果的に善玉菌が増えることになります。
さらに酸による刺激で大腸の蠕動運動が活発化、便秘予防に一役買ってくれます
これに対して不溶性食物繊維は、雑穀類、豆類、ゴボウなどの根菜類に多く含まれています。
不溶性と冠している通り、水分を含んでも溶けることがなく、腸内を分解されることなく移動し、そのまま体外に排出されてしまいます。
不溶性食物繊維は役に立っていないように感じますが、そうではありません。
豆類や根菜類は水分を含むと大きく膨らみます。
不溶性食物繊維は水分を含むと大きく膨らむのが特長で、腸内を動きながら腸の働きを活発にして、便や有害物質をグングン押し出す働きをします。
どちらの食物繊維も身体に大切なものですが、摂取するバランスがとても重要です。
水溶性食物繊維は多く摂りすぎるとお腹が緩くなってしまいますし、不溶性食物繊維は水分を吸収しやすいので便通に必要な水分まで吸収してしまいます。
モリンガ茶は、これらの食物繊維がバランス良く摂取できるので、腸内環境を良好に保つことが出来ます。

 

カリウムの利尿作用と夏バテ予防効果

モリンガとカリウム
モリンガ茶には豊富なカリウムが含まれているのですが、カリウム自体は人体の筋肉や神経細胞内の体液に普通に存在するものです。
血液やリンパ液中にあるナトリウムとバランスを取りながら、細胞運動や血液の流れを調整して体内バランスを維持したり、筋肉の弛緩や体内の水分量を調節する働きもします。
また、カリウムは体内の余分な塩分と水分を尿として排泄する利尿作用もあります。

モリンガ主婦

体内のカリウムが不足してくると、ナトリウムの濃度を下げようと体内に水分を溜め込みます。
食事にナトリウムが多く含まれると、塩分濃度を下げようとカリウムが汗や尿として排出されてしまいます。
つまり、塩分控えめな食事を心がけることが、カリウムとナトリウムをバランス良く保つことにつながるのです。
そもそも、カリウムはアボカドや干し柿、豆類や野菜、果物類に多く含まれています
ただ、水に溶けやすい性質を持っているので、食材を茹でるような調理だとカリウムは失われてしまいます。
調理の際は、スープや煮物など汁ごと召し上がって頂けるものがオススメです。
他にもカリウムは夏バテ予防にも関係しています。
夏バテの症状といえば、食欲減退、身体のだるさなどがありますが、これは発汗が促進されることで、汗とともにカリウムも排出されてしまい、筋肉の収縮が正常に行われなくなるため、脱力状態に陥ってしまうからです。
夏バテには水分の他にカリウムも摂取しないといけないということです。
夏バテになりやすい人は、スイカやキュウリ、トマトといったカリウムを含んだ夏野菜を意識的に摂るようにしてみてください。
モリンガにはトマトの26倍もカリウムが含まれているので、モリンガ茶を冷茶にして飲むと良いですね。